コンタクトの性能の違い

コンタクトレンズを購入する際、価格で比較をして決める人も多いですよね。
使い捨てタイプ、特にワンデータイプは割高なこともあり、価格で選びがちですが自分の目に遭った性能で決めるのも大切です。

違いがよくわからない人もいると思います。
使ってみて問題なければよいのですが、できれば購入、使用の前に自分に合った使い捨てコンタクトの性能などを色々と比較してみることをおすすめします。

まず、よく聞く「酸素透過性」の比較です。
「酸素透過性」がよいほどコンタクトレンズは酸素をよく通します。

角膜は酸素を必要としていますので、酸素欠乏になると眼のトラブルの原因になってしまいます。
そのため酸素透過性が良いレンズほど高性能といえます。

酸素透過性の良さはシリコーンハイドロゲル素材がダントツです。

次に含水率です。

コンタクトレンズが含んでいる水分の割合のことで、こちらも耳にしたことがあるのではないでしょうか。

とても重要視される性能なので、コンタクトレンズの説明のほとんどに記載されていますね。

含水率も高い方が良いと思われがちですが、実は高いと眼は乾きやすいのです。
水分量が多いのは眼ではなくレンズで、水を吸収しやすいため、涙も吸水してしまいます。
また、含水率が高いとレンズは汚れやすくなります。

コンタクトレンズの性能を比較する場合、含水率は低い方が良いですね。

しかし、いくら性能が良くても
使用期限を守らなかったり、使用方法が正しくなかったりすれば眼の負担になります。

まつ毛エクステも眼の負担に!

最近若い女性の間で流行っている「まつ毛エクステ」も眼の負担になりやすいです。

まつげエクステは、今やカラコンと同じように女性のファッションアイテムとしてすっかり定番になりましたが、最近はまつ毛エクステだけでなく、まつげ美容液なんかも登場しています。

これも商品はピンからキリまであり、やはり昔から利用されている知名度の高い商品を選ぶのが一番です。

具体的に挙げると、ファッションとメイクの本場であるアメリカで、初めて医療品として認められたLatisse(ラティース)なんかは、効果も期待でき、品質も文句ありません。

日本製の中には、利益を追求した粗悪品も結構出回っているので、安いからといって安易に手を出すと、最悪、取り返しのつかない事態にもなりかねませんので、まつげ美容液を使うなら、知名度、ブランド重視で商品を選んでください。

おすすめ2ウィークコンタクトガイド